念のためにペット保険に入っておこう|メリットを公開

大切な家族の一員の保険

動物

保険

最近の猫ブームと相まって、ペットの飼育世帯は増加傾向にあります。また獣医分野における医療の向上や飼育する環境が良くなったことでペットが長生きするようになりました。ペットが長生きすると同時にペットが病気になる確率も上がっています。ガンや白内障、泌尿器系の病気など、人間と同じような病気になるペットもいます。家族の一員としてペットと共生していくためにも、病気の治療が不可欠です。ペットが病気になったとき、入っておくと安心なのがペット保険です。ペット保険は約30年前にイギリスで提供され始め、現在ではペット大国であるアメリカやオーストラリアなどの国々でも普及しています。主に犬や猫などの飼育数が多いペットに適用されますが、鳥類や爬虫類、ハムスターなどの小動物にも適用できるペット保険もあります。加入年齢は会社によって変わりますが、早いもので生後30日ほどで加入できるペット保険があります。保証内容も様々で、けがや病気の通院・入院、手術、他人をけがさせたときの弁償費用などがあります。その他にもペットの火葬費用や事故などで車いすが必要になったときの車いす作成費用を補償してくれるサービスもあります。月々の費用は例えば小型犬なら1か月1500円ほどで提供している会社があります。人間と同じようにペットもいつ病気になってもおかしくありません。また事故に遭う可能性もあります。そんな時にペット保険に加入しておけば、金銭的に助かります。

女の人とペット

専門家から購入する意味

飼いたい犬の種類が決まっているのなら、各種類につき一匹しか販売していないペットショップでの購入はオススメできません。専門家のブリーダーのところに訪れれば、同じ種類のたくさんの犬の中から選べますので、自身にあった子犬を見つけられるでしょう。